横浜・港南台 地域情報サイト こうなんだい e-town
HOMEかみおおおかかみながやこうなんだいかわさき
HOME
レポート詳細
レポート
→
あそびにおいでよ七夕まつり[レポート]


【こうなんだいe-town】



港南台地域の保育園や民生委員児童委員、子育て支援団体などで構成されている港南台子育て連絡会主催の「あそびにおいでよ! 七夕まつり」が2010年7月1日、港南台中央公園で開催されました。
7月1日(木)9時40分〜12時(園児は10時50分まで)
場所/港南台中央公園(南部病院隣)※雨天時は赤い屋根保育園ホール。
港南台地区の保育園、保育所、保育室の子どもたちが中央公園に集まり、七夕祭りを行います。
地域の親子も飛び入りで参加できます。
主催/港南台子育て連絡会
問合せ 045-847-8498

【レポートさいとうたもつ・yasu】

7月1日(木)9時40分〜12時(園児は10時50分まで)
場所/港南台中央公園(南部病院隣)※雨天時は赤い屋根保育園ホール。
港南台地区の保育園、保育所、保育室の子どもたちが中央公園に集まり、七夕祭りを行います。
地域の親子も飛び入りで参加できます。
主催/港南台子育て連絡会
問合せ 045-847-8498

画像
当日は地域の保育園や子どもたちら総勢500名近くが集まり、七夕の飾り付けを楽しんだり、子育てまち育て塾、男性ボランティア団体「フレンズ港南」の昔遊びコーナー、港南台生き生きプレイパークらのブースで、パラバルーンや段ボールすべり台、ひまわり劇場での紙芝居など思い思いに楽しむ子どもたちの様子が印象的でした。また保健士による育児相談コーナーや資源循環局のミーオコーナーも設置されました。

画像
子どもたちの夢を願って、開催される七夕まつり。
子育てに関わるたくさんの人たちや関係者の想いが一つになって、港南台の未来を豊かにしてくれるものと思います。

こうしたイベントを開催する目的のひとつとして、港南台第二保育園の小林先生は、「もっと様々な資源を子育てに活用してほしい。知って欲しい。小さいお子さんを家庭で育てている間に、子育て連絡会や保育園の園庭解放などの支援事業をフルに使って下さい!子育てが楽にまた楽しくなりますよ」と語ってくださいました。
会場に来ていた 子ども連れのお母さんにお話を伺ってみると、お子さんが1歳半くらいのときから、保育園の園庭解放に参加しているとのこと。そこで子どもが遊び、自分は保育士さんに子育ての悩みを聞いてもらったりしているそうです。

画像
大貫港南区長と港南台子育て連絡会代表の広畑さんからのご挨拶

広畑さんは、「8年前6つの保育園と港南区の共催で始まった行事ですが、今では多くの団体や商店などが協力してくれて地域の活性化にもつながるような活動に成長してきています。七夕まつりをはじめとしてよりしっかりした仕組みを作って地区の行事の定着も図っていきたい」と意欲的に語って下さいました。
港南台に移り住んで30年の広畑さん。今後は「地域の未来の担い手となる若い人達に、まつりの主人公になっていって欲しい」とのメッセージもいただきました。

画像
会場に設置してある大きな笹飾りは土木事務所のみなさんのご協力で立てられました!

画像
港南台マロニエ通りは、15本の七夕飾りが設置されました。
ここのほかにも、港南台中央公園、交番前、高島屋正面入り口、バーズとダイエーの間の通路、港南区役所、港南土木事務所の各所に飾られています。短冊を書いた人はもちろん、通りがかりにちらりと見ても、思わす笑顔になれるような楽しさを感じることができると思います。
この飾り付けは地元の小学校や中学校をはじめ、通りに面した店舗や事業者らによって準備がされました。

取材中マロニエ通りの飾りを眺めていると「あっちにね、宝くじあたりますようになんてあったよ」と、声を掛けてくれたのは自転車に乗ったおじいさん。聞くと90歳だとか。しばし短冊を眺めながらの歓談となりました。
園児や地域の方の書いた短冊を前に見知らぬ人同士にも会話が広がる、こういうことが地域のつながりになり、活性化になっていくのかもしれないと思いました。

画像
男性ボランティア団体「フレンズ港南」の昔遊びコーナーでは、竹鉄砲やけんだまなど大人気でした

★当日の様子(動画)はこちら!
http://www.youtube.com/watch?v=5p0io2wix98


Copyright (C) e-town. All Reserved.