川崎駅周辺の地域情報サイト かわさきe-town
HOMEかみおおおかかみながやこうなんだいかわさき
HOME
かわさき e-town→レポート一覧
レポート一覧
レポート
画像
→
銀座街バスカーライブ 〜バレンタインデースペシャル〜

2月14日、川崎銀座商店街で「バレンタインスペシャル」バスカーが開催されました!


画像
→
国内最大級!カワサキハロウィン2009

10月24日(土)〜11月1日(日)はハロウィンイベントが行われました。
私は、10月31日(土)のハロウィンパレードを観に行きました。今年で13回目というこのパレード、3000人もの人たちが参加されたそうです。



画像
→

川崎への熱き想い


若者に川崎を盛り上げて欲しいという意見が多発。
ならば、川崎で働く若者に取材するしかない!
というわけで、彼らからの川崎へのメッセージを集めてみました。
その結果浮かび上がってきた、ヤングピープルの川崎への関心事、そのキーワードは…環境


画像
→
かわさきの達人NO.1・・・ニットの達人渡辺姉妹

記念すべき、かわさきの達人NO.1はニットの達人渡辺姉妹をご紹介します。

Q1:手編みはいつ頃から始められたのですか?

A1:30歳頃から本格的に教室に通い、勉強しました。

Q2:手編みを始められたきっかけは何ですか?

A2:義姉が手編みを仕事にしてまして、その影響なんです。
姉は横須賀のさいか屋に出店してまして、たくさんのお客さんがついていました。
私達も行く行くは2人でニットのお店を開きたいと思ってます。

Q3:手編みをしていて楽しいこと、大変なことはありますか?

A3:とにかくひたすら、編んでいる時が楽しいんです。
もう集中して編んでいます。
大変なことは、注文が来て、いつまでに編んで!!とせかされるのがちょっといやです。

Q4:今までいろいろ楽しいことを手がけたと聞いていますが・・・

A4:友人達と古い服や飽きてしまったバック・靴・アクセサリーを持ちよってガレージセールをしました。
お金で買ったり売ったりだけではなく、物々交換や、服をコーディネートし直してみたり・・・もう一度新しい風を吹き込んで・・・皆で楽しみました。
それにそのときは、40万円の収益があったんです。


Q5:えーすごいですね。今後も何か楽しい計画はありますか?

A5:はい。アトリエポケットと言うニットのお店を、タウンカフェで出しているのですが、今度は展示・発表会をやりたいと思っています。今まで編んだものや、洋服をたくさんの皆さんに見ていただきたいです。

 ありがとうございました。とても優しくお話をしてくださいました。
素敵な大人の魅力を感じました。私もお二人のように年を重ねたいです。


画像
→
ぶらり散策

普段あまりゆっくり歩かない銀座街を散策してきました。
思ったよりも馴染みの店は多く懐かしさも感じられましたよ。


画像
→
かわさき阿波おどりを見に行ってきました!

10月4日。
23回目となる「かわさき阿波おどり」が開催されました。
さいたま市民の筆者にとって、初めての観覧ですし阿波踊りの情報は何も持っていません。
でも、川崎駅に行けば何か情報は得られるだろうと考え、とにかく川崎駅へ向かいました。。


画像
→
川崎 一行寺お閻魔様ご開帳

川崎区本町一行寺で1月11日、閻魔大王像が公開されました。一行寺の閻魔大王像の一般公開は毎年1月第二週の日曜日と7月16日に行われているそうです。


画像
→
GWは「はいさい沖縄」!

2010年5月1日から始まった「はいさいフェスタ2010」に早速行ってきました。お目当てはエイサーチーム「琉球國祭り太鼓」。2時からの演舞開始にもかかわらず午後1時30分過ぎに到着すると「ラチッタデッラ」には大勢の人々が・・・すでに演舞場まわりには人垣ができています。晴天に恵まれ絶好のエイサー日和の中、30分間たっぷりオキナワを満喫してきました。エイサーは5日まで日替わりで行われます。他のチームも要チェックですね。(2010.5.1 福ちゃん)


画像
→
第8回 連連連つなごうかわさき

フェスティバルなかわさき≠ご存じですか?
毎年10月、川崎駅東口一帯では週末に色々なお祭りイベントが行われます。人が溢れ返って、街中がまるごとお祭り広場になっていました。私は10月17日(土)、18日(日)に川崎市役所前で行われた『連連連つなごうかわさき』に行ってきました。


画像
→
いいじゃんかわさきレポート

去る2009年10月17日・18日に行われた、第17回「いいじゃんかわさき」の模様を報告します。(レポーター福ちゃん)
イベントの写真は「たちばな通り」のHPで見る事ができます。
◆詳しくは「たちばな通り」のHPへ


画像
→
川崎 山王祭

2009年8月1〜3日、川崎の稲毛神社で「山王祭」が行われました。神輿の練り歩きが中心のお祭りで、大きな神輿2基は、「玉」「孔雀」と呼ばれます。この2基は男女を見立てており、神の結婚、懐妊、御子神の誕生というストーリーが隠されています。
私は2日の午前中から夕方までと、3日の午前中から終わりまで参加しました。

取材日:2009年8月2日(日)、3日(月)
レポート:藤井友香(日本大学3年)

○「山王祭」の流れ
・1日目 前夜祭で3日間の無事と盛祝を祈念します。
・2日目 神奈川県民俗文化財にも指定されている「古式宮座式」を行い、町内ごとに神輿を担ぎます。
・3日目 早朝から神輿が出発します。女神輿と男神輿に別れて、練り歩きをします。


画像
→
天龍銀座街店がテレビ朝日『やじうまプラス』にて23日に放映



画像
→
川崎銀座街バスカー

川崎駅から銀座街商店街へ向かうと、商店街にはギターの音や歌声が響いていました。“バスカー”というかたちで行われる路上ライブについて、川崎銀座街商店街理事長の小林一三さんに案内していただきながら参加してきました。

取材日:2009年6月6日 14時00分〜
レポート:藤井友香(日本大学 3年)


画像
→
かわさき〜笑店ガイド〜5 中華料理天龍 銀座街店

川崎駅の地下通路から大きな通り沿いへ抜けると、川崎銀座街商店街の入り口に“どん”と構える中華料理のお店『中華料理天龍 銀座街店』があります。店内に入り、温かで優しい雰囲気をもつ谷口さんに、川崎で60年受け継がれる天龍のお料理についてお話を伺いました。

取材日:2009年6月6日 レポート:藤井友香(日本大学 3年)


画像
→
神輿のお披露目!

たちばな通り 川崎信用金庫本店ロビーでは
2009年7月27日〜31日まで砂子二丁目の御神輿が展示されています。

砂子二丁目町内神輿「平成の大修理」が完成しました
 当神輿は昭和56年の大修理以来26年間の渡御により各所に「痛み」「汚れ」を生じ、かねてより修理に迫られておりましたが この程、神奈川県の補助金を受けることが出来ましたので、町内各位の御寄付を募り合わせてこの大修理を行うことが出来ました。


画像
→
緑のトンネルが商店街に

市役所第3庁舎にゴーヤーによる緑のトンネルを設置
2009年6月4日に、かわさき緑の大作戦の一環として、来庁者に、日差しをさえぎり植物の蒸散作用による気温低減効果を実感してもらうため、市役所第3庁舎南側公開空地に緑のトンネルを作りました。
なお、この取組みは川崎区区民会議における地域課題解決策の一つとして行われるもので、第3庁舎の公開空地にゴーヤーで緑陰をつくるのは、初めてとなります。
(写真は7月15日に撮影)


画像
→
商店街に虹が・・・・

2009年5月8日(金)18時過ぎ、「たちばな通り」から虹を発見!
思わず写真を撮りました。


画像
→
交流ステージレポート その2

2009年4月18日・19日に行われたアジア交流音楽祭・交流ステージ
かわしんふれあい広場の様子をレポートします。


画像
→
交流ステージレポート その1

2009年4月18日・19日に行われたアジア交流音楽祭・交流ステージ
かわしんふれあい広場の様子をレポートします。


→
かわさきバスカーが朝日新聞記事に




Copyright (C) e-town. All Reserved.