横浜・上大岡 地域情報サイト かみおおおかe-town
HOMEかみおおおかかみながやこうなんだいかわさき
HOME
ころBOXレポート
まちづくり

ホームページ
基本情報トピックスクーポンサービスメニューレポート
ころBOXレポートレポート
画像
→
ひとりずつ、ひとつずつ 子どもたちに寄り添うミュージシャン



シンガーソングライター
こうなんYOU輝代表 佐藤潤さんJunSato

最初に佐藤潤さんに会ったのは、十年近く前の港南公会堂だった。子育て関係のシンポジウムで会場から発言をしていた。「教師をやめて子ども達のために何かやりたいんだ」と。その後地域のイベントなどで歌う姿を見かけ子どもたちに寄り添うミュージシャンた。はじめて彼の歌をじっくり聞いたうた時、いい詩、いい歌声に胸がじんとした。


画像
→
商店会の優しい風 - 横浜港南台 商店会



港南台の町には、商店の集まったアーケー ド街はないが、個々の商店が連携している「商店会」が存在している。今から33年前、商店会 の立ち上げに携わった恩田幸一氏と、長男で 現在の若手メンバーの中核である恩田学氏にお話を伺った。


画像
→
日本の文化に誇りをもって



日本の伝統文化を伝える街のお母さん
石田恵子さん Keiko Ishida
レポート 菅野裕子/烏海知恵子 文 烏海知恵子
撮影 菅野裕子 2016年8月18日

のりとお茶 いしだ園 港南台店
横浜市港南区港南台3-6-20 
TEL:045-833-3448 FAX:045-833-2905
営業時間:9:00~19:00 不定休
HP: http://www.ishidaen.com


画像
→
ひとりの「したい」から始まった大きな動き



「図書館砂漠港南台」をオアシスに!
 様々な施設・サービスが充実している港南台。しかし、図書館に関しては、最寄りの栄図書館まで3kmも距離のある「図書館砂漠」だった。


画像
→
ふ るさと港南台を語る〜港南台支えあいネット ワーク拡大定例会



港南台地域支えあいネットワーク推進委員会が運営する「港南台支えあいネットワーク」の拡大定例会が1/24(水)港南台地域ケアプラザで開催されました。
「今回はふるさとを語る」をテーマに地元港南台第一中学校の卒業生5名が「ふるさと港南台」の想いについてそれぞれの立場で語って下さいました。


画像
→
地域をつくっていくのは一人の気持ちから



●港南台支えあいネットワーク推進委員会に参加して
1月27日港南台地域ケアプラザにて、平成26年度支えあいネットワーク拡大定例会が開催されました。今回は「若い世代の活動発表と意見交換会〜これからの港南台:地域で活動している方の話を聞こう!」がテーマ。
それにしても、小学校の父親の会、主任児童委員さん、野球チーム監督さんなど、自分の意志で想いを持っている若手の地域人の存在と、懐深く見守って、育てていただける、連合自治会、地区社協、各種団体の港南台のみなさんのお気持ちにとっても心温まるよい会合でした

レポート:さいとうたもつ
取材日:2015年1月27日


画像
→
つながるご縁が音符になって



音フェスタ港南台

2007年の発足以来、今年で8年目を迎える音楽イベント、音フェスタ港南台。
港南台ひの特別支援学校の多機能ホールを借りて毎年開催されている、ボランティアスタッフによる手作りのコンサートである。発起人のお一人、塩澤うめのさんに当時の経緯から伺った。


画像
→
人との出会いを楽しむ



港南台地域ケアプラザ ボランティア


画像
→
歌を慈しむ人の集まり



コール はまなす

毎週火曜日の昼下がり、港南台第一小学校の教室から美しいコーラスが聞こえてくる。
唄っているのは平均年齢80歳、最高齢97歳のコールはまなすのメンバーだ。


画像
→
国際交流ハーティ港南台の活動



特定非営利活動法人 「国際交流ハーティ港南台」

小野里 純子さんに聞く―「 国際交流ハーティ港南台」の活動


画像
→
子育てフリースペースでまちと自分を育ててゆく



子育てまち育て塾 ひろば


画像
→
地域の安全を支える強い味方



防犯ボランティアグループ
港南台地域防犯を考える会


画像
→
花の手入れを楽しみながら子どもたちを見まもる



一中グリーンサポーターズ

かつて港南台第一中学校脇の道路は違法駐車が絶えなかったが、平成15年、学校やPTA、地域住民が協力して車やごみを一掃。かわりにプランターを置いて、季節の花や緑が美しい花の小径≠ノ生まれ変わった。


画像
→
まちあるばむ



市民レポーターが紹介する まちあるばむ


画像
→
みんなの思いを、子どもたちへ届けます。



 「あなたの思いを、届けます」をキャッチフレーズに、県内はもとより多くの人びとから寄付を募り、子どもや若者の生きる力を育むNPO活動へ届ける神奈川子ども未来ファンド。今回は、神奈川子ども未来ファンドが主催する2009年度助成贈呈式・報告会に参加してきました。
私だったら「どんな“思い”で寄付をすることができるだろう」。筆者はまだ20代の若者ですが、ふとそんな立場になることを考えながらレポートしています。

取材日:2009年6月14日 (日)13時〜16時
場所:神奈川県立青少年会館別館 青少年サポートプラザ会議室
内容:
・神奈川子ども未来ファンドの1年の活動成果
・2009年助成対象団体の紹介
・昨年度2008年助成対象団体の成果報告


画像
→
こうなん技術遺産「捺染」を知る



「気に入った絵をもって街に出歩きたいなぁ」
そんな素敵な考えががスカーフの始まりと言われている。
今回は、滝沢捺染代表の滝沢靖氏を招いて、「まちサロンin Cafe」ヨコハマスカーフこうなん技術遺産「捺染」が開催された。


画像
→
音楽でつながる地域の想い



世代を超えたハーモニーをテーマに音フェスタ港南台'07が開催された。今年初めて開催されるこのイベントは、地域の音楽好きの有志が世話人となって、地元の音楽演奏家やアマチュアバンド、中学校吹奏楽部ら8つの団体が出演して盛大に開催された。


画像
→
まちサロンin CAFÉ 港南台の歴史



《第5回まちサロンが、港南百景アーカイヴとまちづくりフォーラム港南により、港南台タウンカフェで開催されました》

今回のまちサロンでは、日野連合町内会長の寺田伊佐武会長をお招きして、この日野町で過ごした少年時代を振り返りながら港南台のむかしの暮らしや街の様子を伺った。
参加してくださった方々は総勢16名。賑やかな雰囲気のなかで行われたサロンをレポートする。

取材日:2007年6月16日(土)
場所:港南台タウンカフェ




Copyright (C) e-town. All Reserved.