横浜・上大岡 地域情報サイト かみおおおかe-town
HOMEかみおおおかかみながやこうなんだいかわさき
HOME
かみおおおかe-town
その他(生活サービス)

ホームページ
基本情報トピックスクーポンサービスメニューレポート
かみおおおかe-townレポート
画像
→
mioka(ミオカ)オープン![4/16(金)]



上大岡に「mioka(ミオカ)」が遂にオープン!
隣接するリストガーデンスクエアも、「miokaリスト館」としてリニューアルオープンしました。
e-townスタッフもレポートしてきました!

○mioka(ミオカ) http://www.mioka.jp
お問合せ:管理事務所 045-842-1115
◇取材日:2010年4月23日(土)
◇取材者:e-townスタッフ


画像
→
上大岡の《東》−お店編



前回に引き続き、上大岡駅の東口方面からお届けします。
面白いお店がいっぱいありましたので皆様にご報告!

日時:2007年10月31日
レポート:ひらのまゆ


画像
→
上大岡の《東》−懐かし編



用事ついでに、あまり行ったことがない上大岡の東口(鎌倉街道の反対側)を歩いてきました。
考えてみたら上大岡は港南区の中でも古い歴史がある街なんですよね。

日時;2007年10月31日
レポート:ひらのまゆ


画像
→
鎌倉街道の街路樹



緑が美しい季節ですね。上大岡駅前の街路樹も若葉色から、少しずつ深い緑色に変わりつつあります。


画像
→
ガーデンスクエアリニューアル



長年「三越」として親しまれてきた、上大岡駅前のガーデンスクエアが4月より新生商業施設として生まれ変わります。
2003年12月をもって閉鎖されたB1Fから3Fに入居していた三越および5Fに入居していた紀伊國屋書店の跡地。現在も4Fと6F、7Fは営業を継続しているが、来る4月1日より新テナントが入居してのリニューアルオープンを迎えます。地下1階から3階までと5階の合計5フロアが装いも新たに誕生。B地区のcamioのオープン、中央商店街のアーケードリニューアルと共に、鎌倉街道西地区が面白くなりそうな気配ですね


画像
→
おもちゃ文庫



今回は地下鉄港南中央駅近くにある「そよかぜの家」の中にある「おもちゃ文庫」という室内遊び用スペースに行きました。
外国製のおままごと道具や、ぬいぐるみ等が沢山置いてあり、親の目の届く範囲で安全に遊ぶ事が出来ます。何より悪天候の時(寒い、あるいは雨等)でも関係なく遊べる所は魅力です。
ハイローチェアもあり、お母さんにとってとても便利です。(中では飲食禁止ですが、おとなりはそよかぜの店(喫茶店)があります)
駅からも子連れでも2-3分程で来られますので、小さいお子さんがいらっしゃる方(小学生未満)親子でおでかけは如何でしょうか?!

場所:社会福祉法人そよ風の家(1F):地下鉄「港南中央」駅より徒歩3分


画像
→
上大岡駅前の灯火



寒い季節になりましたね。上大岡の街を温かい雰囲気で包みこむ、イルミネーションが、11月14日より上大岡駅前の街路樹に灯されました。
ちょっと足をとめて、いつもとは違う素敵な夜の景色を楽しんでみませんか?


画像
→
新ペデストリアン・デッキ誕生



上大岡駅前のB地区再開発ビルオープン(12/6)にあわせて、駅ビルとの間に新ペデストリアン・デッキが架けられます。(写真:9/29撮影)モスバーガーなどのある駅ビル側の2階部分と、B地区再開発ビルの3階部分を結び、長さはなんと43m。幅は4mで屋根がつけられるため雨が降っても安心ですね。


画像
→
京急の高架下の壁画



上大岡駅から弘明寺へ行く途中の京急の高架下ある壁画です。
数ヶ月前までは、張り紙や落書きが絶えませんでしたが、5月にこの壁画が描かれました。南高校の美術部がデザイン、地元の小学生がペイントがしたそうです。
他の場所でも町の美化のために、このような活動をしてもらいたいものですね


画像
→
gooday placeオープン



梅雨明けも近い7月15日、地下鉄港南中央駅に程近い場所にgooday placeはオープンしました。
初日ということで沢山の人であふれていました。特に1Fにある「はなまるうどん」では20人以上もの人が待っている程混雑していました。メニューもなかなかバリエーションに富んでいます。
今まで近くになかった店の数々が出来たことで、「かゆい所に手が届いた!」いう感覚と喜んでいる方も多いのではないでしょうか?


画像
→
上大岡の温泉



上大岡にも温泉があるのをご存知でしたか?それも銭湯と同額の低料金です!地下深くからくみ上げられた冷泉を温めたものですが、れっきとした温泉です。梅雨の季節。ゆっくり温まり、スッキリしませんか?


画像
→
上大岡駅東口の桜



上大岡駅の裏にある駐車場の桜です。毎年、この樹には綺麗な桜がなります。
普通の桜よりも遅く開花するため、まだ完璧に開花した所が写真に撮れませんでした。四月の第一週が満開の時期と予想されるので、もしよろしければ足を運んでみては如何でしょうか。
上大岡駅東口から出てオフィスタワー方面に歩けば一分で見られます。[取材/写真:まるたん]


画像
→
石仏地蔵さん



上大岡駅東口を出て道を渡ったところに、石仏や石碑が奉られているのをご存知ですか?
喧騒な周囲の雰囲気とはうってかわり、お地蔵さんやど道祖神、馬頭塔などがひっそりと見守ってくれています。 [取材:斉藤]


画像
→
大岡川プロムナード



大岡川プロムナードをご存知ですか?
大岡川プロムナードは昭和55年、市民の要望を受けて整備された弘明寺の観音橋から太田橋まで約6qに渡るプロムナード(散歩道)です。
上大岡から弘明寺辺りでは、昭和40年代頃までは捺染工場があり、川を利用してスカーフなどを染めていたそうです。
現在は下水が整備されて川の途中から水量を調整する水路が作られ、老朽化した橋は架け直され、とても綺麗になりました。
川には沢山の鯉(太っちょの!)はもちろん、亀、アヒル、カニ、ザリガニ、白鷲、ボラなどがいます。
また、弘明寺観音に行く大岡川沿いの桜並木は江戸時代からの名物だったそうです。
毎年3月下旬から4月上旬まで、弘明寺〜日の出町辺りの大岡川沿いを中心に桜まつりが行われます。期間中は毎日18時から22時まで夜桜のライトアップを行い、沢山の見物客でにぎわいます。皆さんも見に行っては如何でしょうか?![取材・写真:piyoco]


画像
→
丸い筒状の建造物



関の下バス停の脇にある、大きな丸い筒(写真)は何だと思いますか?実はこれ、鎌倉街道の下を走る、地下鉄の排気抗なんだそうです。トンネル内の空気を排気するためのものですが、ちょっとした歴史的な建造物にも見えませんか?[取材・撮影:pikarin]


画像
→
きらら通りってご存知?



関の下歩道橋のそばにある交番前の歩道を歩かれた事はありますか?名前はきらら通りといいます。
この歩道には、わずか10mほどですが、ビー球が埋めてあり、ちょっと変わった雰囲気が楽しめます。
そして夜になると、色とりどりの電球が埋めてある歩道は、まさしく「きらら通り」。綺麗な夜景を楽しませてくれます。オフィスタワーの夜景もいいけれど、ロマンチックな歩道も眺めてみませんか?
[取材・写真:まるたん]


画像
→
素敵なマンホール!



上大岡限定ではありませんが、横浜市内のマンホールの蓋のデザインご存知ですか?!
従来の「ハママーク」のものから、横浜市下水道局が下水道イメージの向上と愛着を深めるという意味で、平成9年10月から「ベイブリッジ」のデザインをとり入れたそうです。横浜らしい、粋なデザインでしかもおしゃれですよね!こういうちょっとした心遣いが嬉しいですし、美観にも一役買っています。そのためにもポイ捨てなどには気をつけて頂きたいものです。[取材・写真:piyoco]


画像
→
天使がお便りを待ってます?



ゆめおおおかオフィスタワー前にある可愛い2人の天使のブロンズ像がのったポストがあります。これは23年前に港南ライオンズクラブ(区民による奉仕活動団体)により贈られたものだそうです。
上大岡地区再開発の際、現在の場所に移動されました。誰かが落として行ったのか、たまにスカーフや帽子を頭につけた微笑ましい姿を見せてくれ、なごみます。[取材・写真:piyoco]


画像
→
日の丸模様のカメさん



今、巷では帷子川のタマちゃんが話題になっていますが、こちらも動物の話です。
港南刑務所の近くの岡本橋の下(笹下釜利谷道路を入って最初の信号を右折した所)大岡川にいる亀のことです。
甲羅に日の丸が描かれているカメなんです。大きさは全長25cm位、陸ガメの様です。ペットとして飼われていたものをどうやら離したらしく、いつも橋の下で鯉(中には懐かしの人面魚錦鯉もいます!)と共に泳いでいます。
元気な様子でしたが、飼うなら飼い主として最後まで責任を持って育ててやって欲しいです。また甲羅にペイントするというのはどうでしょうか。可哀相に思いました。[取材・写真:piyoco]


画像
→
上大岡の大動脈



上大岡の駅前を通る鎌倉街道。路線バスの本数も多い上、大きな迂回路もないのでく、特に朝や夕方はひっきりなしに車が通る大動脈。写真は上大岡駅前より、鎌倉・大船方面をのぞむ。




Copyright (C) e-town. All Reserved.