横浜・上大岡 地域情報サイト かみおおおかe-town
HOMEかみおおおかかみながやこうなんだいかみおおおか
HOME
レポート詳細
レポート
→
人との出会いを楽しむ


【ころBOXレポート】



港南台地域ケアプラザ ボランティア


画像
港南台地域ケアプラザには、高齢者が日中集うデイサービスがある。朝やってきた約20 名の利用者さんに、入浴、昼食など、職員さんは様々な介護サービスを行っている。ボランティアさんは利用者さんにおやつの準備をして、お茶を入れ、片付けも行う。入浴後、髪をドライヤーで乾かしたり、レクリエーションの準備や補助、また利用者さんと笑顔で会話を楽しんでいる。

画像
ボランティア登録数は約50名、平均すると1日3〜4人がやって来る。ボランティアさんは週1〜2回、それぞれ自分の生活ペースにあわせて参加する。ボランティア募集の張り紙を見たり、口コミで集まった人、※ ヨコハマいきいきポイント(横浜市介護支援ボランティアポイント事業)を活用する人も増えている。

※ヨコハマいきいきポイント…
横浜市が実施する「介護支援ボランティアポイント事業」の愛称。

画像
ボランティア歴15年の八つ橋和子さん(写真右) は港南区ボランティア連絡会を通じ港南台地域ケアプラザのボランティアを始めた。
「ご近所の延長のような付き合い」
趣味よりは責任があり、自分の時間を使うボランティアは人生を豊かにするものだと八つ橋さんは言う。
松井学さん(写真左) は定年退職後、持っていたホームヘルパー2級の資格を活かしたいとボランティアを始めた。
「デイサービスは初めてという利用者さんが回を重ねるごとに表情が豊かになるところを見ているとうれしい。自分が楽しくなければ、利用者さんも楽しくない。楽しい雰囲気になるように心がけています」
利用者さんとのふれあいの中で勉強になることも多いというお二人。ボランティアをしているという意識よりも、人と出会うことを楽しみに毎週通っているのだと感じた。

「アットホームさが目標」という港南台地域ケアプラザのデイサービスでは、職員さん・利用者さん・ボランティアさんが和気あいあいと日中活動を楽しんでいた。


取材日:2013年08月09日
レポート◎浜名花織
撮影◎金子いずみ


Copyright (C) e-town. All Reserved.