横浜・上永谷 地域情報サイト かみながやe-town
HOMEかみおおおかかみながやこうなんだいかみながや
HOME
レポート詳細
レポート
→
日限地蔵尊(福徳院)


【港南区デジタルアーカイブ〜港南百景】



昔、横浜の高野山と呼ばれたこの地に日本三体他尊尊の一つである
(他は山梨と諏訪に祀られている)地蔵尊が慶応2年(1866)に
祀られた。
現在は大規模開発をされた住宅地の中の小高い山(丘)の上にあるが、
その昔は武相国境を眼下に見下ろす人里離れた丘陵地の最高地で
あったとの事。毎月四の日の命日(縁日)には多くの信者が参拝をする。


画像
この辺りの住宅地や小学校、中学校に「日限山」「ひぎり山」との
名称が付けられていますが、日限山は日限地蔵尊を祀るこの山に付けられた呼び名が、発祥根源です。

画像
境内に、願かけや祈願成就のお礼の印に奉納した沢山の紅白の布が飾られている。これが日限地蔵尊の目印でもあり、特徴です。
紅白の布は2つ折にして長さが本尊の御丈2尺4寸(約80cm)です。

画像
境内には日限地蔵尊像を祀る本堂の他に「身代わり地蔵堂」「子育て地蔵堂」「親子地蔵堂」等小さな幾つもの祠があり、地蔵さんが祀られている。


Copyright (C) e-town. All Reserved.